院長ブログ

★ CQ20-3 術後慢性疼痛の治療法は?

Answer

他科との集学的アプローチが有効である。また、術後1年以上経過し、かつ内科的治療が奏効しない場合、外科的手術を考慮する(推奨グレードC1)。
※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」61頁より

解説

術後慢性疼痛の治療に関するエビデンスレベルの高い報告はほとんど存在しない。

術後慢性疼痛の治療として、まずペインクリニックを中心とした内科的保存療法を試みる。

術後1年以上経過し、かつ内科的治療が奏効しない場合、巻き込まれた神経の切除、メッシュ関連痛に対するメッシュの除去、腹腔鏡下ヘルニア手術のステイプルや縫合糸の除去など、慢性疼痛の特異的な原因に対する外科的治療が有用な可能性がある。

※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」61頁より

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

そけいヘルニア?

Doctors Fileに紹介されました

初診予約・ご相談はこちらから

最近の記事

  1. ALOHA letter vol.3

  2. 私には仲間がいる One Team!

  3. ALOHA letter vol.1