ABOUT CLINIC

ALOHA外科クリニックへようこそ

ALOHA外科クリニックでは消化器外科疾患に対する
日帰り手術の提供と、緩和ケアを中心とした
外科訪問診療を行っております。
クリニックの特徴を、その診療内容や理念とともに
ご説明いたします。

コンセプト

住み慣れた家で自分らしい暮らしを
最期まで継続できるよう
外科学を基盤に支援できるクリニックでありたい

日帰り手術

腹腔鏡を使用した、そけいヘルニアと胆のうの日帰り手術を行っております。全身麻酔で行うため手術中は完全無痛です。また傷が小さく術後の痛みが少ないのも特徴です。手術の翌日からお仕事も再開できます。もちろん手術前日まで普段通りの日常生活をしていただけます。病院での入院治療に比べて、医療費も比較的安くなる事が多いとされています。

ACP

ACPとはアドバンス・ケア・プランニングの略で、人生の最終段階において、本人の意思が尊重され、本人が希望する「生を全う」できるよう、年齢を問わず健康な時から、人生の最終段階における医療・ケアについて支援する取り組みです。ALOHA外科クリニックでは、ACPを積極的にサポートしております。

訪問診療

緩和ケアを中心とした訪問診療を行っており、担癌により通院することが難しい患者様を対象に、疼痛などの症状を緩和する診療を行います。「早く帰りたい」方だけを支援するのではなく、「病院の方が安心」とおっしゃる方にも、「家に帰ってきてホッとした」と思っていただけるよう、自宅で療養する時を支援します。

当院の特徴

日帰り手術

ALOHA外科クリニックでは消化器外科を中心として腹腔鏡を使用した日帰り手術を提供しております。仕事などが忙しく、入院する時間的な余裕がない、また経済的にも大きく負担をかけたくないという方のため、胆のう、そけいヘルニアの日帰り手術を行っています。
日帰り手術についてはこちらから

完全予約制

当院は完全予約制となっております。初診の方は事前にご予約をお願いいたします。ご不明点があればお気軽にお問い合わせください。
初診予約はこちらから

駅近徒歩4分

当クリニックは東急目黒線「不動前」駅より徒歩4分というアクセスの便利な場所にございます。
日帰り手術実施後に患者さんには長距離での徒歩移動を避けていただけます。
アクセス案内はこちらから

プライバシーへの配慮

当院はプライバシーに配慮した個室完備です。他の患者様と会うことなく手術等の診療が可能です。
院内設備紹介はこちらから

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)

もしものときのために、患者さまが望む医療やケアについて前もって考え、家族など大切な人々や医療・ケアスタッフと共有する取り組みの事です。当院でユニークな「人生会議」を行う事により、そのお手伝いをさせていただきます。
詳しくはこちら

訪問診療・がんの緩和ケア

当院ではではがん緩和ケアを中心とした訪問診療を行っております。ご自宅であれば家族と過ごすこともでき、病院に比べて食事や就寝時間も自由が利くはずです。そうした環境の中で自分らしさを保つことができるよう、お手伝いをさせていただきます。
詳しくはこちら

クリニック名の由来

ALOHAに込められた想いはハワイ語で
Akahai(思いやり)
Lokahi(協調)
Oluolu(礼儀・喜び)
Ha’aha’a(謙虚・素直な心)
Ahonui(忍耐)   ですが..

ALOHA外科クリニックの中に詰まっているALOHA

A:Ambulatory surgery

外来手術

L:Laparoscopic surgery

腹腔鏡下(鏡視下)

O:Operating theater for

手術室

H:Hernioplasty, cholecystectomy & appendectomy

ヘルニア修復術、胆嚢摘出術、虫垂切除術

A:ACP & Palliative care

アドバンス・ケア・プランニングと緩和ケア