FACILITIES

健康とプライバシーを守るために

ひとりひとりの患者様、
誰もが心から満足できる治療をめざしています。
皆様が安心できるように
最新の医療機器や設備にもこだわっています。

院内設備

クリニック受付

ホームページのカラーでもある爽やかなブルーを取り込んだデザインです。来院される患者様をスタッフ一同笑顔でお迎えいたします。ご来院の際は、まずこちらにて保険証をご提示ください。

待合スペース

こちらは患者様用の待合スペースになります。ここにもクリニックのテーマカラーであるオレンジを配しています。ベースを落ち着いたホワイトで統一し、清潔でリラックスできる空間づくりを目指しています。

診察室

日帰り手術の初診など、こちらでお悩みの症状を医師にご相談下さい。手術の流れや準備についてなど、ご不明な点をご質問ください。しっかりとした説明と治療を提供させていただきます。

手術室①

日帰りでのそけいヘルニア手術、胆のう手術を行っております。モニターが付いている機器は腹腔鏡(内視鏡)システムです。小さな傷で術後の痛みも少ない、内視鏡カメラを使っての手術に使用します。高解像度の映像を医師がリアルタイムに見ながら手術を行うため、安全かつ迅速な手術を提供しております。

手術室②

奥の機器は麻酔器です。患者様は全身麻酔で眠ったまま痛みを感じずに手術を受けていただけます。麻酔器は麻酔で弱くなった呼吸などを助ける機能もあり、手術には欠かせない機器になります。

回復室

こちらは手術の後、お休みいただく回復室になります。リクライニングチェアは背もたれとフットレストを変形し、ベッドのようなフルフラットにすることができます。回復室は3つご用意しており、それぞれ患者さんのプライバシーに配慮したつくりになっております。

腹腔鏡手術連携施設認定

当院は昭和大学消化器・一般外科 村上雅彦教授より、腹腔鏡手術連携施設の認定を受けております。院長のこれまでの長年にわたる手術や指導の功績により、認定をいただき、これからも患者様のために最善・最良の医療を提供することに努めてまいります。

NCD症例登録への参加

当院は「NCD(一般社団法人National Clinical Database)」による症例登録データベース事業に参加しております。本事業は、日本全国の手術・治療に関する情報登録を行い、医療の質を向上し、よりよい医療を提供できるよう目指す取り組みです。こちらは患者様の自由な意思に基づくものですので、情報提供の拒否も可能です。
NCDの公式ホームページはこちら