院長ブログ

カレーの社会学(横須賀編)

カレーの社会学
「よこすか海軍カレー」とは
明治41年に発行された「海軍割烹術参考書」には、当時日本海軍で調理されていた軍隊食のレシピが記されており、カレーライスの作り方についても記載があります。
 このレシピを基に当時のカレーライスを再現したのが「よこすか海軍カレー」です
 「よこすか海軍カレー」は
カレー粉小麦粉を炒っていること(牛のヘット、牛脂を使って炒める)
・具には牛肉鶏肉ジャガイモたまねぎにんじん を必ず入れること
・出来あがったカレーライスには牛乳サラダを添えて薬味にチャツネを入れること
 を基本としています。
「よこすか海軍カレー」誕生のエピソード
平成10年12月、海上自衛隊地方総監の退官を前にお別れパーティーの際に総監が、「呉市と舞鶴市では、両市が本家争いをするなど、肉じゃがを“まちおこし”に繋げているが、カレーライスが庶民の食卓に普及したのは海軍のカレーにルーツがあるので、海軍の街である横須賀でカレー発信の地として、“カレー”を地域の活性化に利用してみては」という趣旨の話をされました。
この話を受けて横須賀市役所・商工会議所、海上自衛隊の3者で調査、検討され、旧日本海軍で提供されていたカレーを現代に再現する方針が決定。 平成11年5月20日、横須賀市は「カレーの街宣言」を行い、「カレーの街よこすか推進委員会」が発足しました。
 【元ネタ】 町おこし=アイデア と 地元の熱意
「海軍グルメ」とか「艦めし」という言葉が近年定着した感があり、「海軍食」とも言われます。要するに、海軍の食事が現代にも通用し、通用するどころか「うまくて、その上健康志向に合う」というのが人気の背景のようです。舞鶴、一歩遅れて呉は共に「海軍肉じゃが発祥地」と地元では名乗李、どちらも観光推進の実効を上げています。
よこすかはカレー発信の地
明治初期、海軍・陸軍軍人の病死の最大の要因は脚気(かっけ)でした。 当時の日本海軍では白米中心で、たんぱく質やビタミンB1が不足した軍隊食が提供されていました。明治16年には脚気による罹患者数が1,632名、死亡者数が49名にも上り、軍内では早急に対策を打つべき深刻な問題となっていたのです。
 明治17年、海軍軍医だった高木兼寛(後の海軍軍医総監、東京慈恵医科大学の創設者)は軍艦筑波号による航海実験を行い「兵食改革」に着手しました。イギリス海軍で提供されていたカレー風味のシチューに小麦粉でとろみを付けて、ライスにかけたメニューを軍隊食に取り入れたのです。 このメニューはシチューの具材と小麦粉により当時の軍隊食に不足していた栄養分を補うことができるものでした。 その結果、明治18年には脚気の罹患者数は41名、死亡者数なし、という劇的な改善が見られ、脚気をほぼ撲滅することに成功したのです。
 海軍でも人気のメニューとなり、故郷に戻った兵士たちによって全国に広まり、日本の家庭にも伝わりました。
カレーの街よこすか加盟店公式W E Bサイト→ 29店舗(臨時休業中あり)
 横須賀はカレー発信の地
 カレー実食

「ヨコスカ海軍カレー本舗」 11月26日(日曜日) 午後3時すぎ
ビーフカレー(辛口) チキンカツ トッピング 1150 + 300円
ライスにかいわれが添えられていた(ご飯は若干べったり)
 サラダ(キャベセン・枝豆・マカロニ) → 福神漬け+チャツネ→ カレー+牛乳
 店の雰囲気はレトロな昭和調(暗め)
 若年者〜年配の方までで混雑 ヨコスカの商店街で唯一賑わっている印象(>どぶ板)
 カレー スパイシー過ぎず玉ねぎの甘みを感じる(チキンカツは成形されているタイプ)
 生クリームかけたカレーソースは欧風な印象(牛脂のためか)(玉ねぎよく炒めている)
「TSUNAMI」 11月26日(日曜日) 午後4時すぎ
 ビーフカレー 900円 長時間煮込まれたビーフカレー 塩味が強い
アメリカンハンバーガーの人気店 若者向けのためspicy(カレーを食べている人はなし)
金曜日はカレーの日
海上自衛隊では毎週金曜日にはカレーライスを食べる習慣があります。 長い海上勤務・遠洋航海では、外洋の景色が変わらず、決まった曜日に勤務が休みとなるわけでないため、曜日感覚がなくなってしまいます。これを防ぐため、金曜日に各艦船の調理員が腕によりをかけた美味しいカレーライスを提供する習慣が生まれたのです。
「カレーの街よこすか」では“金曜日はカレーの日”として、金曜日にカレーを食べることを推奨しています。カレーの街よこすか認定店でも、金曜日に大盛りサービス、半額サービス、割引サービスなどを行う店舗が多数あります。
データから紐解くご当地カレー知名度(2014年2月 カレー総合研究所)
 1 横須賀市 海軍カレー     62.5%

 2 札幌市  スープカレー 47.1%
 3 呉市   海軍カレー 16.8%

 4 金沢市  金沢カレー     13.0%
 5 北九州市 焼きカレー     12.3%

 6 富良野市 オムカレー     11.5%
 7 横浜市  フレンチカレー   10.9%

 8 有田市  有田焼カレー     4.9%
 9 大村市  大村カレー      2.2%

 10 鳥取市  鳥取カレー      1.8%
集客
*秋のヨコスカカレーFes.2022 集客 14,000人(2日間)
*カレーフェスティバル2022 集客 26,000人(2日間)
*チャリティーカレー開催 「こども食堂」「おとな食堂」「みんなの食堂」
“呉市海軍カレー” 8年目
 「呉海自カレー シールラリー」実施中
 護衛艦「いなづま」「さみだれ」「などの命名 20店舗 
“呉海軍グルメ研究会” 
呉鎮守府で建造された艦船または呉鎮守府に所属した艦船で提供された料理および、
旧日本海軍から伝わるレシピに基づき調理された呉ゆかりの料理の研究会(レシピ18)
“まいづる海自カレー” 7年目
 スタンプラリー実施中
 多用途支援艦「ひうち」第4術科学校 などの命名 12店舗
その他 
佐世保(海上自衛隊カレー・水陸機動隊カレー・海上保安部カレー 23店舗 10年目)

カレーの社会学
 獣害対策最先端(奈良の鹿をいただきますカレー) 京大カレー部
 愛知幸田の消防カレー などなど アイデアと地元の熱意で町おこしは実現可能!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。