院長ブログ

★ CQ27-1 ワーファリン服用中患者への鼠径ヘルニア修復術は安全に施行できるか?

Answer

ワーファリン服用中患者では血腫をきたしやすい(エビデンスレベルⅢ)。
※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」75頁より

解説

ワーファリン服用中の鼠径ヘルニア手術患者において継続群、他の抗血栓薬への変更軍では、中止軍と比較して血腫をきたしやすい傾向にあったが、有意差は見られなかったPT-INRを指標とした報告では、PT-INR>3で血腫が有意に発生した。

※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」75頁より

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ALOHA Letters

Doctors Fileに紹介されました

初診予約・ご相談はこちらから

最近の記事

  1. ALOHA letter vol.3

  2. 私には仲間がいる One Team!

  3. ALOHA letter vol.1