院長ブログ

★★★ CQ26-1 女性鼠径部ヘルニアの手術適応は?

Answer

女性の鼠径部ヘルニアでは男性と比べ緊急手術、腸管切除の割合が高く、確定診断がつけば原則手術を検討することが望ましい(推奨グレードC1)。
※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」72頁より

解説

デンマークのナショナルヘルニアデータベースに登録された5.5年間の検討(女性鼠径部ヘルニア手術5,343例、男性鼠径ヘルニア手術83,753例)とスウェーデンの他施設共同研究(女性6,895人、男性83753人)によれば、女性鼠径ヘルニアは69%、大腿ヘルニアが31%であり、緊急手術は女性6.7~16.9%、男性2.7~5.0%、腸管切除は女性16.6%、男性5.6%と有意に高いことがほうこくされている。

※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」72頁より
(ただし、太字への変更下線は筆者)

注記*

北海道のハイボリュームセンターのデータによると女性の鼠径部ヘルニアのうち大腿ヘルニアが20%弱であり、頻度は高いといえます。

その10%前後が緊急手術、腸管切除が16%となると、決して侮ることのできない病態であることは間違いありません。

推奨グレードC1ですが、臨床的には女性で確定診断(CT実施をおすすめします)がつけば、原則手術を検討してください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日帰り手術とは

Doctors Fileに紹介されました

初診予約・ご相談はこちらから

最近の記事

  1. ALOHA letter vol.3

  2. 私には仲間がいる One Team!

  3. ALOHA letter vol.1