院長ブログ

★ CQ22 再発、慢性疼痛、感染以外の術後合併症は何があるか?

Answer

男性不妊、周術期死亡率に関する検討が行われている(エビデンスレベルⅢ~Ⅳ)。
※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」64頁より

解説

ヘルニア手術は多数の症例に行われ、術式も多岐にわたるため、さまざまな早期および晩期合併症が報告されている。

ヘルニア手術後の不妊率は0.7~4.7%であり、一般に認められる不妊率9~13%と比較して上昇は示されなかった。

Swedish Hernia Register、Danish Hernia Databaseより周術期死亡率が報告されているが、全手術症例で0.46%、緊急手術症例で2.9~8.6%の死亡率、女性、大腿ヘルニア、緊急手術、腸切除併施例で死亡例が上昇し、死亡例の多くは他疾患を合併しており、ヘルニアの診断が遅れていた。

NCD(National Clinical Database)を用いた本邦からの報告が待たれる。

※「鼠径部ヘルニア診療ガイドライン 2015」64頁より

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日帰り手術とは

Doctors Fileに紹介されました

初診予約・ご相談はこちらから

最近の記事

  1. ALOHA letter vol.3

  2. 私には仲間がいる One Team!

  3. ALOHA letter vol.1